過払い金とはどんなものなのか

過払い金問題が一時大きく取り上げられ現在でも広告などでお金を取り返せるという話を見かけますが、そもそも過払い金問題とはどんなものなのかについて説明します。


世の中にはお金を借りる事が一時的に出来るサービスを提供している消費者金融やクレジットカード会社などがあり、お金を借りた場合は利息をつけて返済する必要があります。

アイフルの過払いのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

過払い金というのは、この利息分をこれらの企業が取り過ぎていたので取り返す事が出来るという話なのです。



利息を制限もなく当事者が好きなように設定できてしまうと貸し手の方が立場上有利となってしまうので法で制限が設けられているのですが、制限する法律には利息制限法と出資法という二つの法律があります。

@niftyニュースに関する情報満載です。

利息制限法では借入額に応じて金利が15パーセントから20パーセントが上限と定められているのに対し、出資法では29.2パーセントを上限として定めていました。

出資法が適用される条件は厳しく、普通はキャッシングなどでは条件が満たされていなかったのですが、利息制限法を超えて出資法の範囲内で金利が設定されている場合があって、これをグレーゾーン金利と呼びます。このグレーゾーン金利が違法であるという判断がされ、払い過ぎていた分の利息を取り返す事が出来るという事で過払い金問題が取り上げられるようになりました。

現在では貸金業法が改正された事によってグレーゾーン金利の問題は解消されているのですが、過払い金問題はまだ完全には解消されていないです。